「共謀罪」法案を廃案に、取り組みの集中を(アピール)

LINEで送る

2017年4月29日
戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

「共謀罪」法案を廃案に、取り組みの集中を(アピール)

「共謀罪法案(組織犯罪処罰改正法案)」の早期成立をめざす政府・与党は、4月25日の参考人質疑の後、28日からは日本維新の会との法案修正協議を開始しました。
戦争法(安全保障法制)などと同様に、審議時間かせぎと補完勢力の取り込みで、憲法違反の共謀罪創設がめざされています。
連休中の5月2日にも衆議院法務委員会が職権で開催されるなど、なりふり構わぬ姿勢を政府・与党が強めています。連休明けの国会は、強行採決の危険性が高まる緊迫した状況が続くことは確実です。

この間、共謀罪の創設に反対する動きは急速に広がっています。
法案の上程に反対する意見書を出した日本弁護士連合会、法律家の団体や刑法研究者、立憲デモクラシーの会、市民連合など戦争法に反対して運動を進めている団体、日本ペンクラブやメディア関係者、日本劇作家協会、世界平和アピール7人委員会などが、反対声明を相次いで公表しました。
反対運動も、共謀罪NO実行委員会と総がかり行動実行委員会が共同する集会や国会行動が連続して取り組まれています。
全国各地でも、共謀罪反対のデモ、宣伝、集会、学習会などが旺盛に取り組まれ、地域から世論を作り上げてきています。

4月26日に開かれた立憲野党4党の幹事長・書記局長会談では、「共謀罪廃案に向けての結束」が確認され、今村前復興大臣問題や森友学園問題での追及もあわせ、政府・与党と真正面から対決する国会状況が作られようとしています。

この間のわずかな審議時間の中でも、政府が言う国際的なテロ組織への対策という口実や、一般市民は対象外などという説明が嘘とごまかしであることや、市民監視の「フリーパス」を警察権力に与えることになるなど、その危険性も明らかになっています。

市民と野党の共闘を強めて政府・与党の暴走をくい止めることは可能です。そのためには、全国から国会、国会議員に対し、共謀罪反対の声を突きつけ、包囲し、廃案を目指す野党と力をあわせてたたかいを大きくしていくことが必要です。
総がかり行動実行委員会は、緊迫する国会状況をふまえ、当面する行動を以下のように呼びかけます。
心ある市民の皆さん、団体の、行動への賛同と結集を強く呼びかけます。

〇 5月3日に全国各地で開催される「憲法集会」をこれまでにない規模で成功させ、共謀罪創設反対の世論を形にしましょう。
〇 連休中に帰郷する国会議員に対し、要請行動、懇談などの取り組みを行いましょう。
〇 共謀罪創設反対の統一署名の推進とあわせ、街頭宣伝、住民対話などの取り組みを強めましょう。
共謀罪NO実行委員会、総がかり行動実行委員会は、5月13日(土)、14日(日)の両日を、全国一斉の宣伝、署名行動日とすることを呼びかけます。

〇 中央段階では、連休明けから以下の日程で、国会行動、座り込み行動、集会を計画しています。全国での呼応した取り組みや、行動への参加を呼びかけます。

最新の行動予定の一覧表は、こちら

*5月9日(火)・審議日 昼(12時~13時) 議員会館前行動
午後(13時30分~)院内集会
*5月10日(水)・審議日 昼(12時~13時)議員会館前行動
*5月11日(木) 夕方(18時30分~19時30分)議員会館前行動
*5月12日(金)・審議日 昼(12時~13時)議員会館前行動
午後(13時30分~16時)議員会館前座り込み
夕方(18時30分~19時30分)議員会館前行動
*5月13日(土)、14日(日) 全国一斉宣伝、署名行動
*5月15日(月) 昼(12時~13時)  議員会館前行動
午後(13時30分~16時)議員会館前座り込み
夕方(18時30分~19時30分)議員会館前行動
*5月16日(火)・審議日 昼(12時~13時)  議員会館前行動
午後(13時30分~16時)議員会館前座り込み
夕方(18時30分~)  日比谷野外音楽堂集会
銀座デモ
*5月17日(水)・審議日 昼(12時~13時)  議員会館前行動
午後(13時30分~16時)議員会館前座り込み
夕方(18時30分~19時30分)議員会館前行動
*5月18日(木) 昼(12時~13時)  議員会館前行動
午後(13時30分~16時)議員会館前座り込み
夕方(18時30分~19時30分)議員会館前行動
*5月19日(金) 昼(12時~13時)  議員会館前行動
午後(13時30分~16時)議員会館前座り込み
夕方(18時30分~)  国会正門前行動

最新の行動予定の一覧表は、こちら

・行動は、共謀罪NO実行委員会との共催で取り組む予定です。
・国会審議の状況もふまえ、日程を調整することもあります。総がかり行動実行委員会のホームページで確認して、ご参加ください。
・共謀罪創設反対国会請願署名の第一次提出行動を5月12日(金)昼の行動で行います。集約、送付をお願いします。

物言えぬ再びの戦前に後戻りさせないために、共謀罪法案を廃案に追いこみ、安倍内閣の暴走政治に歯止めを打ち、退陣を迫る市民運動の高揚につなげましょう。
皆さんのご奮闘とご協力を心から呼びかけます。

以 上

答弁できぬ金田法相は辞任せよ!4・25共謀罪はいらない!国会行動

LINEで送る

【緊急拡散】緊急行動のお知らせです!→『答弁できぬ金田法相は辞任せよ!4・25共謀罪はいらない!国会行動』25日12時~13時 衆議院第二議員会館前 各種共有ボタンで拡散を!詳細は→

4・25共謀罪はいらない!国会行動へ

みなさま

安倍政権は、共謀罪の制定に向けて必死です。金田法相では野党
の質問に答弁できないと、議会のルールを無視して法務省刑事局
長を委員会に毎回参加させ、法相にかわって答弁させるという暴
挙にうってでました。25日には法務委員会で参考人質疑がおこな
われます。この4月の最後の週、5月の連休明けが共謀罪をめぐ
る大きな山場になっています。話し合うことが罪になる共謀罪の
制定にストップをかけましょう。
4・25共謀罪はいらない!国会行動にご参加ください。

<拡散歓迎!>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ★答弁できぬ金田法相は辞任せよ!★
 ★4・25共謀罪はいらない!国会行動★
○とき  4月25日(火)12時~13時
○ところ 衆議院第二議員会館前
○挨拶  国会議員
○発言 田島泰彦さん(上智大学教授)
    千葉 眞さん(安保法制に反対する学者の会、
           国際基督教大学特認教授)
    海渡雄一さん(共謀罪NO!実行委員会)
    三澤麻衣子さん(共謀罪法案に反対する法律家団体連絡会)
    市民団体 ほか
○共催  共謀罪NO!実行委員会
     戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

連絡先 共謀罪NO!実行委員会
・「秘密保護法廃止」へ!実行委員会(新聞労連 jnpwu@mxk.mesh.ne.jp / 平和フォーラム 03-5289-8222)
・解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会(憲法会議03-3261-9007 / 許すな!憲法改悪・市民連絡会03-3221-4668)
・日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)  mic-un@union-net.or.jp
・共謀罪法案に反対する法律家団体連絡会(日本民主法律家協会 03-5367-5430)
・盗聴法廃止ネットワーク(日本国民救援会 03-5842-5842)
◆連絡先 戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
・1000人委員会 03‐3526-2920
・憲法9条を壊すな!実行委員会 03‐3221-4668
・憲法共同センター 03‐5842-5611

森友疑惑糾明! 共謀罪廃案! 安倍内閣退陣!4・27国会議員会館前行動

LINEで送る

【拡散希望】『森友疑惑糾明! 共謀罪廃案! 安倍内閣退陣!4・27国会議員会館前行動』27日18時半~衆議院第2議員会館前 各種共有ボタンで拡散を!詳細は→

森友学園疑惑徹底糾明!安倍政権は引責退陣せよ。

大阪市の学校法人「森友学園」に国有地が破格で売却され、またこの学園が異常な軍国主義教育をおこない、子どもたちの人権を侵害していたこと、この教育方針を安倍昭恵氏が礼賛し名誉校長におさまっていたことをはじめ、安倍首相とその周辺の政治家との危険な癒着があることなど、森友疑惑の徹底糾明が必要です。この前代未聞というべき癒着を暴くたたかいが必要です。そのため総がかり行動実行委員会は、全国の市民のみなさんが各地で行動を起こすよう呼びかけます。

あわせて総がかり実行委員会は、原則として毎週木曜日の18:30~国会議事堂周辺で抗議の行動をおこないます(他の行動と重なる場合は調整しますので、随時、サイトをご覧ください)。ご参加を呼びかけます。

安倍政権の憲法破壊、戦争法、沖縄への基地押しつけ、共謀罪新設、原発の再稼働、アベノミクスの下での格差貧困問題など、数々の悪政に反対する行動と合わせて、森友疑惑も断固追及し、安倍政権の退陣を要求しましょう。

日時:4月27日(木曜日)18:30~
場所:衆議院第2議員会館前
主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

森友疑惑糾明! 共謀罪廃案! 安倍内閣退陣!4・20国会議員会館前行動

LINEで送る

【拡散希望】『森友疑惑糾明! 共謀罪廃案! 安倍内閣退陣!4・20国会議員会館前行動』20日(木)18時半~衆議院第2議員会館前 各種共有ボタンで拡散を!詳細は→

森友学園疑惑徹底糾明!安倍政権は引責退陣せよ。

大阪市の学校法人「森友学園」に国有地が破格で売却され、またこの学園が異常な軍国主義教育をおこない、子どもたちの人権を侵害していたこと、この教育方針を安倍昭恵氏が礼賛し名誉校長におさまっていたことをはじめ、安倍首相とその周辺の政治家との危険な癒着があることなど、森友疑惑の徹底糾明が必要です。この前代未聞というべき癒着を暴くたたかいが必要です。そのため総がかり行動実行委員会は、全国の市民のみなさんが各地で行動を起こすよう呼びかけます。

あわせて総がかり実行委員会は、原則として毎週木曜日の18:30~国会議事堂周辺で抗議の行動をおこないます(他の行動と重なる場合は調整しますので、随時、サイトをご覧ください)。ご参加を呼びかけます。

安倍政権の憲法破壊、戦争法、沖縄への基地押しつけ、共謀罪新設、原発の再稼働、アベノミクスの下での格差貧困問題など、数々の悪政に反対する行動と合わせて、森友疑惑も断固追及し、安倍政権の退陣を要求しましょう。

日時:4月20日(木曜日)18:30~
場所:衆議院第2議員会館前
主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

(共謀罪情報ページ)安倍政権が企てる現代の治安維持法、共謀罪を廃案に追い込もう

LINEで送る

【拡散希望】現代の治安維持法、共謀罪を廃案に追い込もう!情報ページです!署名、プラカード、各種チラシ、集会情報、その他共謀罪関連情報をUPしていきます!各種共有ボタンで拡散を!詳細は→

【拡散希望】「共謀罪を廃案にするために、私たちができること」ページを追加しました!→「現代の治安維持法、共謀罪を廃案に追い込もう!」情報ページです!各種共有ボタンで拡散を!詳細は→

いまこそ巨大なたたかいを起こし、安倍政権が企てる現代の治安維持法、共謀罪を廃案に追い込もう

共謀罪に反対する各団体からの声明

●共謀罪を廃案にするために、私たちができること

共謀罪を廃案にするために、私たちができること

●サイト

共謀罪NO !実行委員会

●署名

「共謀罪」の創設に反対する緊急統一署名


※ネット署名もあります。

●集会

・「総がかり行動実行委員会」の行動予定
「総がかり行動実行委員会」が関っている行動予定を紹介しています。共謀罪の集会だけではありませんが、関係するものも多く、関係なくても重要な行動ばかりですので、ぜひ、御参加下さい。

戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会の行動予定

・「共謀罪NO !実行委員会」の行動予定
学習会や、院内集会などが特に充実しています。
共謀罪NO !実行委員会


関連資料

●宣伝物

・「共謀罪NO !実行委員会」のチラシ


共謀罪NO実行委員会がチラシをつくりました。
街宣等でご利用下さい。 必要な方は以下にご連絡下さい。
「共謀罪NO !実行委員会」のサイト
チラシは無料です。送料は負担していただきます。
ダウンロードは、「共謀罪NO !実行委員会」のページ にて

・「戦争をさせない1000人委員会」のリーフレット

新リーフレット「こんなに危ない共謀罪」

・共謀罪の危険性を伝えるプラカード(8種)

共謀罪の危険性を伝えるプラカード(8種)

・共謀罪の危険性を伝えるプラカード(2種)

共謀罪の危険性を伝えるプラカード第2弾

・リーフレット『共謀罪(テロ等準備罪)なんのため?』

リーフレット『共謀罪(テロ等準備罪)なんのため?』

・共謀罪チラシ『えっ?こんな会話でタイホなの!?』

共謀罪チラシ『えっ?こんな会話でタイホなの!?』

・ポスティング用チラシ

学校&お仕事帰りに!散歩の合間に!ご近所ポスティング大作戦


※本ページは適宜更新していきます。

共謀罪に反対する各団体からの声明

LINEで送る

●日本ペンクラブ 会長 浅田 次郎 2017.2.15
共謀罪によってあなたの生活は監視され、共謀罪によってあなたがテロリストに仕立てられる。私たちは共謀罪の新設に反対します。

●法律家6団体からの共同声明 2017.2.27
社会文化法律センター     代表理事 宮里 邦雄
自由法曹団            団長 荒井 新二
青年法律家協会弁護士学者合同部会 議長 原 和良
日本国際法律家協会        会長 大熊 政一
日本民主法律家協会       理事長 森 英樹
日本労働弁護団          会長 徳住 賢治
憲法違反の共謀罪創設に強く反対する共同声明(日本労働弁護団のサイト)

●立憲デモクラシーの会 2017.3.15
共謀罪法案に反対する声明

●公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本 2017.3.28
テロ対策の名の下、市民を抑圧する法案に反対する

●日本弁護士連合会 会長 中本 和洋 2017.3.31
いわゆる共謀罪の創設を含む組織的犯罪処罰法改正案の国会上程に対する会長声明

●戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会 2017.4.3
いまこそ巨大なたたかいを起こし、安倍政権が企てる現代の治安維持法、共謀罪を廃案に追い込もう

いまこそ巨大なたたかいを起こし、安倍政権が企てる現代の治安維持法、共謀罪を廃案に追い込もう

LINEで送る

■戦争法と一体の共謀罪を四度目の廃案に
安倍首相は、世論の反対でこれまで三度も廃案に追い込まれた共謀罪法案を、「テロ等準備罪」と名前を変えて制定しようとしています。これは、「テロ対策」のためといえば、テロを嫌う世論は沈黙し、共謀罪を制定できると考えているからにほかなりません。

安倍政権は今国会の最重要法案と位置づけ、すでに3月21日、同法案の閣議決定をおこない、4月上旬には国会での審議入りに踏み込もうとしています。

今年は憲法施行70年です。安倍政権が2015年に強行成立させた戦争法は、この憲法の下、戦争で殺し殺されることがなかった日本のあり方から大きく転換させようとするものです。安倍政権が企てる「戦争のできる国づくり」には、国内における治安維持、すなわち言論や運動の抑圧が不可欠であり、共謀罪はまさに戦争法と一体のものです。

私たちは、この稀代の悪法を絶対に許さず、四度目の廃案に追い込みましょう。

■話し合うことが罪になる共謀罪
共謀罪は、法律に違反する行為を実際に行わなくとも、話し合い、「合意」すれば罪とする、思想・言論・意見交換を取り締まる法律です。これは、人は実際に法律に違反する行為を行わなければ処罰できないとする近代刑法の原則を踏みにじるものです。

また、「共謀」を犯罪として立証するために、電話やメール、SNSでのやりとりなどのような一般的な市民生活に対する日常的監視活動が、広範囲に進められる危険性があります。これは警察による人権侵害の横行を招くものであり、到底許されるものではありません。

2003年に国会に提出された共謀罪法案が三度廃案に追い込まれた最大の理由は、「話しあうことが罪になる」ものであり、すなわち戦後の日本の憲法、刑訴法体系を根本から否定するものであったからです。戦後、私たち市民は日本国憲法のもとで、思想・言論・表現の自由という空気を呼吸し、自由に考え、ものを言い、生きてきました。共謀罪は、市民に自由に呼吸をするなという宣言に等しいものです。それは、まさに戦前・戦中に民衆の声を圧殺した治安維持法を、現代に甦らせるものにほかなりません。

■普通の団体が「組織的犯罪集団」にされる
安倍政権は、今回の法案は過去に廃案になった共謀罪とは異なり、対象を「テロリズム集団」、「組織的犯罪集団」に限定したから、普通の団体に適用されることはないとしています。これは本当でしょうか。普通の団体が「テロリズム集団」、「組織的犯罪集団」とされたら、その団体は社会的に存続できなくなるでしょう。しかし、共謀罪法案には、この「テロリズム集団」、「組織的犯罪集団」の定義がなく、その認定は捜査機関の判断でできるようになっています。共謀罪は、普通の市民団体、労働組合、会社などが、一度法律に違反する行為を話し合い「合意」すれば「テロリズム集団」、「組織的犯罪集団」にされてしまい、その「合意」も捜査機関が判断するという、危険極まりない悪法です。

戦争に反対し、人権と民主主義を求めるすべての人びとは協力し、全国各地で集会、デモ、署名、街頭宣伝など多彩な行動を起こし、世論を変えるために奮闘しましょう。憲法の保障する思想・言論・表現の自由を刑罰で奪い、結社の自由を否定する共謀罪、戦争法と一体の共謀罪を、総がかりで廃案に追い込みましょう。

2017年4月3日
戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

共謀罪法案審議入りに抗議する4.6国会議員会館前緊急行動

LINEで送る

【緊急拡散】昼も抗議します!→『共謀罪法案審議入りに抗議する4.6国会議員会館前緊急行動』6日(木)12時~ 衆議院第二議員会館前 各種共有ボタンで拡散を!詳細は→

4月6日の審議入りで自公が合意したという事で、この日は夜も集会がありますが、昼にも緊急抗議行動を行います。ぜひ、お集まりください。

日時:4月6日(木曜日)12:00~13:00
場所:衆議院第二議員会館前
共催:共謀罪NO!実行委員会
   総がかり行動実行委員会
※この日、院内集会は開催しません

夜の集会は、こちら