戦争法案の衆院での強行採決を糾弾し、あくまで廃案を求める

LINEで送る

声 明
戦争法案の衆院での強行採決を糾弾し、あくまで廃案を求める

政府・与党は7月15日、衆議院安保特別委員会で戦争法案を強行採決し、続いて本日、本会議でも強行採決を行った。憲法違反が明白な戦争法案の成立を強行することは、憲法の尊重擁護義務を負う政府と国会議員が自ら憲法を無視するという立憲主義の否定であり、私たちは断じて許さない。

戦争法案は、集団的自衛権行使をはじめ、いつでも、どこででも海外で自衛隊が武力行使する道を一気に拡大するもので、名実ともに日本を戦争する国に変えてしまうことになる。この危険な大転換は、先に改定された日米防衛ガイドラインが示しているように、米国の世界戦略に日本を組み込み、自衛隊を米軍とともに戦う戦力とし、あわせて日本の軍事大国化を誇示しようとする誤った路線である。それは、安倍首相が言うような「平和と安全」ではなく、日本が国際紛争に武力介入し、自衛隊員を殺し殺される状況に投入し、日本もまた攻撃対象になることを意味する。

この間、私たちは、さまざまな差異を超えて大きな共同を実現した「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動」として、連日のように国会周辺で、街頭で、ネットで、「戦争法案絶対反対」「いますぐ廃案」の行動を展開し、継続してきた。その声は、憲法学者や研究者、弁護士、自治体議会などだけではなく、母親や学生、子どもたち、労働者、宗教者などの広範かつ多様な行動の全国的なうねりとなっている。

世論の圧倒的多数が戦争法案は憲法違反と受けとめ、政府の説明に納得できないとし、今国会での成立に反対している。今回の強行採決は、この声に圧倒され焦った政府・与党が、これ以上矛盾が露呈し、批判が高まることを恐れ、議席数だけに頼って押し切ろうとする暴挙である。

しかし、私たちは、憲法と国民の意思において、そして何より平和といのちと人権というかけがえのない価値において、安倍政権の暴走を許さず、あくまで戦争法案の廃案を求めて奮闘する。この心を同じくする全国にみなさんに、さらに大きな声をあげ、さらに大きく多様な行動を起こすよう呼びかける。

2015年7月16日
戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

戦争法案廃案!7.28日比谷集会&デモ

LINEで送る

【拡散希望】『戦争法案廃案!7.28日比谷集会&デモ』28日(火)18時半~ 日比谷野外音楽堂 主催:戦争をさせない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会 ツイートボタンで拡散を!詳細は→

728野音

バナーのPDFダウンロードは、こちら

チラシ(表裏)は、こちら

201507omote

201507ura


「集団的自衛権」行使に踏み込むための10法一括改「正」案(「平和安全法制整備法案」)と外国軍の戦闘を支援するための1法案(「国際平和支援法案」)からなる戦争法案が現在審議されていますが、「平和安全」法制特別委員会や予算委員会、そして党首討論における答弁は、すでに破たんを極めています。

しかし安倍政権は、6月22日には戦後最長の95日間もの国会会期延長を行ったうえ、維新の党の「対案」提出の動きを利用しながら、今なお戦争法案成立に向けた策動を強めています。当初(一方的にですが)掲げていた目安「特別委員会での審議80時間」が形式的に満たされる頃合いとなる7月中旬に、衆議院での強行採決を行う可能性が高まっています。

「戦争をさせない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」は、6.14・6.24と二度にわたる国会包囲行動、6.15-24国会前座り込み行動、そして毎週木曜日の国会前集会と、積極的に行動を重ねてきました。7月期、戦争法案を阻止するために、全国各地の人びとと結び合いながら、よりいっそうがんばっていきます。すべての皆さんにこの戦争法案阻止のたたかいにともに立ち上がっていただくことを、心から呼びかけます。

日時:7月28日(火)18:30~19:30 ※集会後、デモ
場所:日比谷野外音楽堂

<地図>

とめよう!戦争法案 集まろう!国会へ7・26国会包囲行動

LINEで送る

【拡散希望】『とめよう!戦争法案 集まろう!国会へ7・26国会包囲行動』わたしたちの力で政権退陣・廃案へ! 26日(日)14時~15時半 国会議事堂周辺 ツイートボタンで拡散を!詳細は→


0726_バナー

バナーのPDFダウンロードは、こちら

チラシ(表裏)は、こちら

201507omote

201507ura


「集団的自衛権」行使に踏み込むための10法一括改「正」案(「平和安全法制整備法案」)と外国軍の戦闘を支援するための1法案(「国際平和支援法案」)からなる戦争法案が現在審議されていますが、「平和安全」法制特別委員会や予算委員会、そして党首討論における答弁は、すでに破たんを極めています。

しかし安倍政権は、6月22日には戦後最長の95日間もの国会会期延長を行ったうえ、維新の党の「対案」提出の動きを利用しながら、今なお戦争法案成立に向けた策動を強めています。当初(一方的にですが)掲げていた目安「特別委員会での審議80時間」が形式的に満たされる頃合いとなる7月中旬に、衆議院での強行採決を行う可能性が高まっています。

「戦争をさせない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」は、6.14・6.24と二度にわたる国会包囲行動、6.15-24国会前座り込み行動、そして毎週木曜日の国会前集会と、積極的に行動を重ねてきました。7月期、戦争法案を阻止するために、全国各地の人びとと結び合いながら、よりいっそうがんばっていきます。すべての皆さんにこの戦争法案阻止のたたかいにともに立ち上がっていただくことを、心から呼びかけます。

日時:7月26日(日)14:00~15:30
場所:国会議事堂周辺

<お手洗いの場所&地下鉄の御案内>
お手洗いは、大変混雑する可能性がありますので、なるべく、お早めのご使用か、到着前に他の駅にてお済ませください。

お手洗い&交通

<地図>

とめよう!戦争法案 全国一斉街宣(7月21日)

LINEで送る

東京都内各地で、街宣を行います。
それぞれの団体が、どこで行うかは、各団体のサイトなどで、ご確認をお願いいたします。

各団体のWEBサイトへのリンクです。

戦争をさせない1000人委員会
解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会
戦争する国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センター

7・15緊急抗議行動

LINEで送る

【緊急拡散!】7月15日の朝9時から始まる委員会で強行採決されるかもしれません!朝9時から国会正門前で緊急抗議行動を行います!ご参加をお願い致します!ツイートボタンで拡散を!→



7月15日の朝9時から始まる委員会で強行採決されるかもしれません!
朝9時から国会正門前で緊急抗議行動を行います!皆さん、ご参加を宜しくお願いします!

日時:7月15日 朝9:00~12:00
場所:国会正門前

※昼の座り込みは、13:00~
※夜の行動は、18:30~

強行採決反対!国会正門前行動(7.15~17)

LINEで送る

【拡散希望】本日最終日!『強行採決反対 国会正門前行動』18時半~国会正門前 全ての皆さんにこのたたかいに共に立ち上がって頂く事を、心から呼びかけます!ツイートボタンで拡散を!詳細は→



07151617行動バナー

日時:7月15日(水)~17日(金)18:30~
場所:国会議事堂正門前
集合場所の目安はこちらです。
正門前から桜田門側(両側)9条壊すな!実と市民団体・個人
正門前から北庭(憲政記念館方向)側:1000人委員会
正門前から南庭側:共同センター

<お手洗いの場所>
お手洗いは、大変混雑する可能性がありますので、なるべく、お早めのご使用か、到着前に他の駅にてお済ませください。

WCmap

<地図>

衆議院議員一覧表

LINEで送る

【拡散希望】全衆議院議員の名簿です。「戦争法案は廃案に」「強行採決しないで」「国民の声を聞いて」と声をダイレクトに届けましょう。ツイートボタンで拡散を!→



衆議院議員一覧表エクセルファイル

※公明党伊佐進一議員のjFAX番号が違っていたので修正しました(2015.7.8)

戦争法案廃案!強行採決反対!7.14大集会

LINEで送る

【大拡散】強行採決させない為に、今ここで大結集を!「戦争法案廃案!強行採決反対!7.14大集会&国会請願デモ」日比谷野外音楽堂が満員でも国会に押しよせよう! ツイートボタンで拡散を!詳細は



【拡散希望】強行採決させない為に、今ここで大結集を!「戦争法案廃案!強行採決反対!7.14大集会」日比谷野外音楽堂14日18時半~終了後は国会請願デモ ツイートボタンで拡散を!詳細は→



総がかり0714バナーweb

総がかり0714バナー


チラシ(表裏)は、こちら

201507omote

201507ura


戦争法案廃案!強行採決反対!7.14大集会
2015年7月1日

「集団的自衛権」行使に踏み込むための10法一括改「正」案(「平和安全法制整備法案」)と外国軍の戦闘を支援するための1法案(「国際平和支援法案」)からなる戦争法案が現在審議されていますが、「平和安全」法制特別委員会や予算委員会、そして党首討論における答弁は、すでに破たんを極めています。

しかし安倍政権は、6月22日には戦後最長の95日間もの国会会期延長を行ったうえ、維新の党の「対案」提出の動きを利用しながら、今なお戦争法案成立に向けた策動を強めています。当初(一方的にですが)掲げていた目安「特別委員会での審議80時間」が形式的に満たされる頃合いとなる7月中旬に、衆議院での強行採決を行う可能性が高まっています。

「戦争をさせない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」は、6.14・6.24と二度にわたる国会包囲行動、6.15-24国会前座り込み行動、そして毎週木曜日の国会前集会と、積極的に行動を重ねてきました。7月期、戦争法案を阻止するために、全国各地の人びとと結び合いながら、よりいっそうがんばっていきます。

7月14日、日比谷野外音楽堂で「戦争法案廃案!強行採決反対!7.14大集会」を開催します。すべての皆さんにこの戦争法案阻止のたたかいにともに立ち上がっていただくことを、心から呼びかけます。

戦争法案廃案!強行採決反対!7.14大集会

日時:7月14日(火)18時30分~ ※集会後、国会請願デモ
場所:日比谷野外音楽堂

※内容詳細については、順次掲載します。

<地図>