「市民連合」1・23シンポジウムのお知らせ

LINEで送る

【拡散希望】市民連合シンポジウム「2016年をどう戦い抜くか」23日14時~北とぴあ さくらホール 登壇者:金子兜太/柄谷行人/山口二郎/青井美帆/三浦まり/森達也/諏訪原健 詳細は→

20160123A

先日の新宿街宣にお集まりくださったみなさま、署名にご協力くださったみなさま、誠にありがとうございました。
街宣には約5000人、署名は720筆集まりました。
どう言えば伝わるのか、どう行動すれば本当に参院選で勝てるのか、自省しながら頑張ってまいりたいと思います。
共に頑張りましょう!

さて、次のイベントのお知らせです。

◆市民連合シンポジウム「2016年をどう戦い抜くか」

日時:1/23(土)14:00-16:30
場所:北とぴあ さくらホール(南北線王子駅5番出口直結)
登壇者:金子兜太/柄谷行人/山口二郎/青井未帆/三浦まり/森達也/諏訪原健

◆市民連合とは?
 安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合、通称「市民連合」は、安保関連法の廃止と立憲主義の回復、そして個人の尊厳を擁護する政治の実現を目指す市民のプラットフォームです。

 2015年の9月19日、安全保障関連法が国会で可決されました。この法律は立憲主義や民主主義といった、この国の根本的な価値を蔑ろにするものです。
 私たちは、立憲民主主義の回復と個人の尊厳を擁護する政治の実現のために、この国に生きるすべての人々に連帯を呼びかけます。世代や思想信条、党派性などのあらゆる違いをこえて、共に声をあげましょう。

 私たちは、志を同じくする野党勢力が参院選において勝利することを目指します。「2000万人署名」運動や街頭宣伝などを通じて、7月の参院選に向けた十全な野党共闘を促すとともに、候補の推薦や支援を積極的に行います。

20160123B