11.29辺野古に基地は造らせない大集会へ!

LINEで送る

【拡散希望】埋立て工事を阻止しよう!11.29辺野古に基地は造らせない大集会へ!29日(日)13時半開始 日比谷野外音楽堂 集会後デモ行進 ツイートボタンで拡散を!詳細は→

1

2

◎日本政府=国土交通省による
 「翁長知事の埋め立て承認取り消し」の効力停止決定糾弾!
◎埋立て工事を阻止しよう!

<と き>11月29日(日)13時30分開始 集会後デモ行進
<ところ>日比谷野外音楽堂
千代田線・丸ノ内線「霞ケ関」駅3分/日比谷線「日比谷」駅4分/
都営三田線「内幸町」駅3分/JR山手線・京浜東北線「有楽町」「新橋」駅15分
http://hibiya-kokaido.com/image/map-d-ya.jpg
<沖縄・辺野古現地から>★ヘリ基地反対協議会★島ぐるみ会議★


<主催>止めよう!辺野古埋立て 国会包囲実行委員会
    http://humanchain.tobiiro.jp/
<協力>戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
<問い合わせ> 沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック TEL:090-3910-4140
 沖縄意見広告運動         TEL:03-6382-6537
 ピースボート           TEL:03-3363-7561


 10月27日に、日本政府=国土交通省は「翁長知事の埋め立て承認取り消し」の効力の執行停止を決定しました。
 防衛省=沖縄防衛局が行政不服審査法を悪用し、私人になりすまして知事の決定の効力停止を申し立て、それを国土交通省が受け入れたのです。そもそもこの法律は、公権力からの国民の権利を救済するための法律です。国が国の機関に申し立てることは許されません。今回の決定は、立憲主義を否定し戦争法案を強行採決したことに続く、法治主義を破壊する暴挙であり絶対に許せません。
 さらに防衛省=沖縄防衛局は、翌28日にも埋め立て本体工事にむけて工事を再開すると同時に、埋立て承認の代執行をする手続きに入ったのです。沖縄のたたかいで阻まれることを避けるかのように、前のめりで埋立てへと突入させようとしており、重大な局面に入りました。
 沖縄県民は、知事を全力で支えて、知事と稲嶺名護市長を先頭にして、島ぐるみで闘う決意を固めています。
 島ぐるみで反対する沖縄県民の民意を一顧だにせず、力ずくで押しつぶす日本政府の横暴。今まさに日本の民主主義が問われています。
 沖縄県民の不屈の闘いに応えて、この間の国会包囲行動の闘いをさらに広げて、11月からの埋め立て本体工事を許さない大きな声を上げていきましょう。集会への大結集を呼びかけます。